LuxinarはLaser World of Photonics 25で2023年間のレーザー革新に光を放ちます。

Luxinar 25周年を祝う
Luxinar 25周年を祝う
2023年XNUMX月

レーザー製造分野の先頭走者であるLuxinarは、25月27日から30日までドイツミュンヘンで開催されるLaser World of PhotonicsでXNUMX周年を迎えます。 ブース番号は B3.409.

CO2 レーザー光源

LuxinarのCO2 レーザー光源は数年間、数多くの産業で着実に選択されており、当社では既存のSR シリーズにSR e シリーズおよびSR x シリーズのXNUMXつの製品を新たに追加しました。

SR eシリーズ - より高いピーク出力

電子産業のために特別に製作されたSR e 9.3µmシリーズは、高いピーク出力と低い熱影響領域を提供し、偏光フィルム処理、過度な結合剤除去およびレーザーテクスチャリングに適しています。 最大XNUMXWの平均出力とXNUMXWのピーク出力を提供する SR 10e, 最大115W平均ピーク出力および330Wピーク出力を持つ SR 15eは、完璧なエッジ品質と迅速な処理を可能にします。

SR x シリーズ – より高い平均出力

SR i シリーズより高い出力バージョンであるSR x 9.3µmシリーズは高速アプリケーションに理想的です。 最大XNUMXW平均ピーク出力およびXNUMXWのピーク出力を持つ SR 10x, 最大105W平均ピーク出力および235Wピーク出力を持つ SR 15x, 最大150W平均ピーク出力および335Wピーク出力を持つ SR 25xで構成されます。

SR e シリーズとSR x シリーズ9.3µmともSRシリーズの他のレーザーと一致するように設計され、他のSRバージョンと同じビーム出力位置、装着位置、全体サイズ、IP66等級およびサービス内容を維持します。 SR 10e、SR 15e、SR 10x、SR 15x及びSR 25xは標準SRシャッター/ダイオード、背面反射保護オプションとともに使用できます。

超短パルスレーザー光源

CO2 レーザーソースの他にもLuxinarは超短波パルスレーザーソースの LXR®シリーズを発表します。 この特許技術は、短いパルス幅(800±100fs)で材料加工に革命をもたらし、様々な部品の超精密マイクロおよびナノ加工を可能にします。LXR®は高いスループットと再現性を提供し、高速バーストモードは高品質の加工を維持しながら材料除去率を向上させます。MCU、PC、ウェブサーバーアプリによる外部制御が可能で、ローカルまたはリモート診断とモニタリングが可能です。

Luxinarの営業取締役であるYannick Galaisは「IR、UVおよびgreenスペクトラムの超短波パルスレーザー開発はガラス分離、表面機能化、マイクロ溶接およびマイクロビアドリリングを含む新しいアプリケーションの機会を開き、有機材料加工に理想的に適したLuxinarのCO2 レーザー技術は顧客が二酸化炭素排出量を減少させるのにも役立っている」とし「このような製品は顧客と協力して新しいアプリケーションを開発し既存工程を改善、必要な度にレーザー専門知識を提供するグローバルサービスチームを通じて支援されることができる」と説明します。

また, Luxinarはブース番号B3.409で展示会を通して様々なイベントに参加してレーザー知識を共有し、レーザー技術に対する専門的なアドバイスを提供します。

お祝いのチャンスをお見逃しなく 25年 を記念する機会をお見逃しなく!!

* Luxinar はメッセ ミュンヘンで開かれる次のイベントで発表が予定されています。

Luxinar 本社ビル

何か質問がある? 連絡する